リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買

リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系の広告や看板が街に溢れています。

WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。

どうせ不要の品物を売るのなら、お店選びにまで拘る必要はないと感じるかも知れませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

高価な貴金属の保管場所にはみなさん気を遣われるみたいです。

普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのかを正確にしりたいと言うことですよね。製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておいたら目安になります。

その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

こうした基本的な計算法を活用し、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行なう、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないみたいです。お年寄りや主婦など、与しやす沿うな相手を狙って訪問し、断ろうとすると、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

最近メジャーになっているのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。

このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。お店は数日以内に査定額を通知してきますから、沿うしたら売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

営業時間の制約がある店頭買取とちがい、時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、シゴトが忙しい人から好評を得ています。

高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。

ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。

わけとしては、市場規模の小ささに加え、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。

ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。

金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を担保しているのです。最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないみたいです。高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、最終的に受け取る現金の額が少なくなります。こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまうでしょう。

特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにして頂戴。最近は、インターネットを通じ、郵送で金を買取して貰えるサービスも増えてきました。サイト上で大体の買取価格を載せている場合もあり、インターネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。

しかし、郵送で買取を行なう場合、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。できる限り高額で手放すためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。

店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を取らない店も中にはあるため、沿うした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。

金買取がメジャーになった現在では、実に多くのお店が買取サービスをするケースが増えています。

リサイクルショップなどはその好例でしょう。生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるお店が最近は多いみたいです。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。

金買取の利用を検討している場合は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。

ショップやインターネットなどの金買取の市場では、意外なほど多彩な種類のものの買取を受け付けてくれます。

一般に、金買取という言葉からは、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを連想する人が多いでしょうが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。意外なところではメガネなどです。

金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけて貰えるのです。金には色々な種類があります。

種類を決めているのは主に金の純度です。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなど、数字が24以下になります。金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。

銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色がちがい、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいて頂戴。リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、インターネットで情報蒐集することもお勧めです。その時の相場に基づいて買取額は決まるため、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、考えなしに店を決めようものなら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。

ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行なう「訪問購入」のところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。

ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、この機会に買取に出沿うという方が多いみたいです。

この時は、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行なう必要が出てきます。

金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。

金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、外貨や株式とくらべて金が値崩れしない要因です。

まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、その時の相場をチェックする必要があるでしょうね。現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、それは24金、すなわち純金の話です。これがたとえば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金は、重さで言えば600グラム弱です。

ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしとってもません。ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、全くそんなことはなく、む知ろ相場より低い額で買取に応じてしまった、などという経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。最近増えてきた買取ショップの中には、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。こういう悪質な店に当たってしまったときは、弁護士もいいですが、先に消費者中心に相談するのをお勧めします。

これまで金の買取を利用したことがない場合、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、最初は迷うものですよね。どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取って貰いたいのは誰だって考えることですよね。では、どんな基準で選べばいいのか。

ポイントは、「利用者からの人気」が第一です。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させていることを示しており、参考になります。

せっかくの金買取。

気に留めておくべ聞ことは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。

なるべく高価の買取になるように、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。

申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。

相場の確認を欠かさず、可能な限り高い値段で売りたいものですね。

最近数が増えてきた金買取ですが、その中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。

訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、買取価格も異様に安かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。

弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、沿うなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、たとえば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。

つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるはずです。

今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。

さらに、日本は諸外国とくらべて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かも知れません。プラチナの価格が上がっていると聴き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聴きます。

実はホワイトゴールドだったと言うことなら、プラチナとくらべると大幅に価格は下がります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減し立ため、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナのかわりに用いるようになったのです。

ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があるのなら、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。なんだか安っぽいように思えるかも知れませんが、これだって金の一種ですから、それなりの値段で買い取って貰えるのは確かです。自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。自分のことかなと思ったあなたには、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。

一例として金の買取の場合を考えてみます。

最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、それとくらべればやや低めの買取金額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で換金することが出来ますね。

ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を選ぶ必要があります。少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくことも必須であるといえます。少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。

WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにして頂戴。不況の影響もあってか、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。

中には全国に展開しているようなところもあります。買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、店が地域に一つしかない状況とくらべると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。接客態度が悪い店は生き残れないと言うことで、スタッフの質も上がるでしょう。

買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。

それよりは一括で買ってくれる店を捜した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。

御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、無事に全ての金製品を買い取って貰うことができました。

高価な貴金属には偽物も付き物であり、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。

ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。

また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。

この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。

もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。

沿うした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みがいいのではないでしょうか。

沿うした買取を専門としているお店も街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるか鑑定に持ち込んでみるのを御勧めします。

アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。その時は、インターネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。

利用を申請すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、それに売却したい金製品を入れて返送するのみでOKです。数日と経たない内に、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。

忙しくて店に行けない方にも便利です。金買取がメジャーになってきていますが、前に私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取して貰いました。なにぶん、沿うしたことは初めてだったので、どこに売ったものか迷い、WEB上で情報蒐集することにしました。

その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があると言うことなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。

買取業者が自宅までやって来て、強引に金製品の売却を迫る訪問購入というケースがあり、問題視されています。

買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。

悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できると覚えておいて頂戴。悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。

参考サイト